5. quota の設置を廃止する

5-1. 関連ファイルの削除

 quota の設定が不要になった場合には、次の手順で関連ファイルを消します。

 quota 情報を管理している aquota.user あるいは aquota.group ファイルが対象です。quota の設定を行っているパーティション毎にファイルがありますので、どれも消す必要があります。

 たとえば / と /home でそれぞれユーザ・グループに対して制限を行っている場合は、次のファイルを消す必要があります。

# rm /aquota.user
# rm /aquota.group
# rm /home/aquota.user
# rm /home/aquota.group

5-2. 再起動後の確認

 再起動後に quotacheck が使えなくなったり、quotaon が正しく処理できなくなっていれば、解除設定は完了です。

 解除をしたあとでも、再び設定を行うことで quota を適用することも可能です。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 23 Jun 2005 21:19:24 JST (5455d)