FC6/セットアップ・ガイド



1.ブートからインストーラー(anaconda)*1の起動まで

 ここではまず、セットアップの初期段階のインストーラー(anaconda)を起動させます。

 ネットワーク経由でインストールする方法もありますが、今回はネットワークの状況に左右されない CD/DVD を使った確実なインストール方法でいきます。(あとでハマることもありますので、とりあえず CD/DVD でインストールが出来れば、次回から、ローカルなマシン上に環境を構築して、ローカル上で簡単にサクサクッとネットワーク・インストールができるようになればいいな、というのが理想的です。おそらく、企業や学校など大規模なネットワークではローカル上の環境からのインストールが推奨されるかもしれません。ま、そこはそこで、担当部署のお方にお訊ねいただくか、自力でorzがんばりませう。)

1.1. CD-ROM か DVD-ROM からのシステム起動

 セットアップを行う前に予め iso イメージ用のディスク(CD-ROM か DVD-ROM)を準備しておきます。

 準備後、ディスクをマシンにセットしたあとは、再起動後、自動的に以下のような起動画面が表示されます。

Fedora to install

 表示されたら、このまま『 boot: 』の後にエンター・キーを押して次へ進みます。

1.2. メディア*2の状況をチェックします

 次に表示されるのは『 CD Found 』という画面です(DVD-RAM/DVD-ROM の場合でも "CD Found" となりますが、異常ではありません)。

CD Found (CD 発見) To begin testing the CD media before installation press OK. Choose Skip to skip the media test and start the installation. (和訳:インストール作業を行う前に、【 OK 】を押すとメディアが正常かどうか確認することが出来ます。【 Skip 】を押すとメディアの確認を行わずインストール作業を行います)

CD Found = CD が見つかりました

 初回のチェック時には出来るだけ【 OK 】を押して、メディアの状態チェックを行うことを強くお勧めします(私が前にハマったのは、ディスクの作成が完全ではなかったたため、インストール作業が完全に終わることが出来ずに数日間凹んでいた事がありました・・・。)

 既にインストール経験のある CD でチェック済みの場合は【 SKIP 】(スキップ)して次へ進みましょう。

 そうでない場合は『 Media Check 』(メディアの状態確認)に進みます。【 OK 】を押します。

Media Check (メディアの状態確認) Choose "Test" to test the CD currently in the drive, or "Eject CD" to eject the CD and insert another for testing.(和訳:【 test 】を押すと現在読み込んでいる CD/DVD の状態を確認します。あるいは、【 Eject CD 】を押すと、CD/DVD を取り出して別の CD/DVD の確認を行うことができます。)

Media Check = メディアの状態確認

 CD-ROM が複数枚ある場合は、面倒で時間がかかりますが、後々原因が"単に正しくメディアが作成できていなかった"という情けない理由にならないよう、必ず1つ1つ確認しておくことを推奨します。チェック中は次のような画面になります。チェックが終わるまでのんびり待ちましょう。

Media Check = メディアの状態確認

 なお、先ほども書きましたが1度チェックを済ませてしまえば、次回のインストールや他のマシンにインストールする時はチェック不要です(基本的に)。先ほどの画面で次回以降は【 Skip 】(スキップ)で構いません。もし、ディスクの盤面にキズがついてしまっていたり、原因不明でインストールができない場合はディスク状態を確認したほうが良いです(と、経験者は語る orz...)。

Media Check Result(メディア確認結果) The media check PASSED for the image:&br Fedora Core 6 DVD
It is OK to install from this media.(和訳:メディアが正常な事を確認しました。Fedora Core 6 DVD です。メディアから正常なインストールが可能です。)

Media Check Result= メディア確認結果

 こちらの画像のように【 PASSED 】(通過=チェックOK)と、指定されたディスク(CD-ROM であれば Disk x 枚目、DVD-ROM であれば DVD と表示)の情報が正確に表示されれば問題ありません。

 【 OK 】を押して次に進みます。

 ここで、自動的に CD/DVD ドライブが開いて、少々の説明が表示されます。

Media Check (メディア確認) If you would like to test additional media, insert the next CD and press "Test". Testing each CD is not strictly required, however it is highly recommended. Minimally, the CDs should be tested prior to using them for the first time. After they have been successfully tested, it is not required to retest each CD prior to using it again.(和訳:他のメディア状況も確認したい場合には【 test 】(確認)を押してください。厳密には CD を1つ1つチェックをする必要はありません。ですが、少なくとも初回セットアップ時には確認を行われることを強く推奨します。確認を終えたディスクは基本的に再確認は不要です。)

Media Check Result= メディア確認結果

 他のメディアの確認も進めるときは【 Test 】(確認)を押します。
 確認を終えて、インストール作業に入るには【 Continue 】(続ける)を押して、次に進みます。このとき、【 Continue 】を押す前にディスク・トレイ(CD/DVD ドライブの事です)を閉じておかないと、次のようなエラーが表示されます。

Media Check Result= メディア確認結果

Error (エラー) The Fedora Core CD was not found in any of your CDROM drives. Please insert the Fedora Core CD and press OK to retry. (和訳:CDROM デバイス*3に Fedora Core の CD が見つかりません。Fedora Core の CD を入れて【 OK 】を押してください。)

Media Check Result= メディア確認結果

 【 OK 】を押すと、anaconda のインストール画面に映ります。

 以後はグラフィカル*4な環境での作業となります。



*1 anaconda:アナコンダ=インストール用のツール=インストーラー installer です
*2 メディア:CD-R もしくは DVD-RAM といったディスクの事をさします。
*3 デバイス:装置、という意味です
*4 グラフィカル:写実的な、という意味で、一般的には GUI インターフェースの事を略してグラフィカルと呼ぶことが最近は多いです

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 31 Oct 2006 00:24:17 JST (6374d)