CentOS


最終更新: 2007-02-21 17:13:53 (水)
セキュリティ上のパッケージ更新情報とあわせ、レッドハット社のリソース(Red Hat Network の Advisary)を参考に、エラータ(セキュリティ危険性)の詳細重要度を書き加えてあります。(CESA アラート公開から48時間以内の翻訳目標)



CentOS 3 パッケージ更新・エラータ・セキュリティ情報

 CentOS-announce メーリングリストで公開されているアップデート・エラータ・セキュリティ情報を日本語に翻訳したものです。至らない箇所がありましたら、ご指摘・訂正くだされば助かります。対象アーキテクチャは、おそらく一番多いと思われる i386*1 に絞っています。要望があれば他のアーキテクチャも追加しますので、どうぞ!

CentOS 3 セキュリティ情報(Critical)

  • ・・すみません、ちょっと間が開きます・・・
  • 2006-10-12 以降、モニタリングを再開しています。
  • この間は更新を停止していました。ご了承願います m(_ _)m

※ critical(クリティカル・致命的/危険)というのは即時対応が必須とされるセキュリティ項目のことです。多くの場合、システムに重大な影響を及ぼす破壊行為や root 権限の奪取などシステム管理者として必ず対処すべき事項です。

※ Important(インポータント・重要) は critical の次に重要となる項目です。出来る限り更新が行われることが推奨されています。

CentOS 3 アップデート情報

  • 直近では特にありません。

CentOS 4 パッケージ更新・エラータ・セキュリティ情報


*1 一般的な 32 bit 環境で動作している CentOS 向けのパッケージです
*2 KDE:デスクトップ・マネージャ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 21 Feb 2007 17:13:53 JST (6324d)