Fedora Core 4 での SELinux 動作モード

 初期状態では【 targeted 】ポリシーとして SELinux が設定されています。

 設定対象ファイルは /etc/selinux/config 。
 ファイル末尾に SELINUXTYPE= で指定されている。

SELINUXTYPE=targeted

 この targeted を strict に変更してサーバの再起動をかけると、SELinux は strict モードで動作するようになります。

SELINUXTYPE=strict

strict モード
全てのユーザ、全てのプロセスによる動作を厳格に定義し、決められた以外の動作は一切禁止するモード。
taregted モード
可能性として脆弱性を持つネットワークサービスやデーモンを保護するためのポリシー。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 20 Jun 2005 12:11:27 JST (5529d)