FC6/FedoraCore6

 結局何が新しいのかという所、概要を簡潔にまとめました。
 詳細はリリースノート日本語訳を参考になさってください。


Fedora Core 6 の新機能まとめ

デスクトップ

  • 標準フォントを見やすい DejaVu? フォントへ変更
  • 多言語対応の強化
  • Compiz ウィンドウ・マネージャを AIGLX フレームワークを使用することで、より視覚効果が派手に
  • puplet というパッケージ更新通知アプリケーションの搭載
  • CUPS 最新版 1.2 に対応した system-config-printer が利用可能に
  • GNOME 2.16 最新版採用
  • KDE 3.5.4 最新版採用
  • 新しいデスクトップ・テーマ "DNA" の採用(Fedora Artwork プロジェクトの貢献による)
  • デスクトップ作業を自動化する Dogtail を利用可能
  • 標準のメディア・プレイヤーは Totem を採用(以前の Helix Player は Fedora Extras へ移管)

性能について

  • Fedora に含まれるパッケージは全て 'DT_GNU_HASH' (新バージョンの GCC によって提供される) の dynamic linking(ダイナミック・リンキング) を用いてコンパイルされており、アプリケーションは 50% (5割り増し)の性能が期待できます。
  • 個人情報管理ソフト Evolution が IMAP をサポート
  • beagle、evince、NetworkManager? といったアプリケーションの使い勝手や性能の向上
  • Fedora Core 6 では、とりわけ yum 、Pirut 、 Pup の性能向上が極まっています
  • Fontconfig 2.4 により起動時の速度向上・メモリ管理機能が改善
  • Linux カーネルのバージョンアップにより、Fedora 標準ファイルシステム ext3 の性能向上
  • ASF、NFS といったネットワーク経由の新しいキャッシュ機能を含むファイルシステムの搭載。CasheFS は Red Hat 社によってプロジェクトとして開発進行中
  • CUPS 印刷サービスのデバイス検知速度向上

システム管理について

  • Fedora のインストーラーである Anaconda は追加レポジトリ*1として Fedora Extras を指定したインストールやアップデート作業が可能。Fedora Extras は標準で指定済み
  • Anaconda の IPv6 対応(IP アドレス指定など)
  • OS の仮想化アプリケーション Xen 管理ソフトとして、見やすく操作性が向上した virt-manager を搭載
  • Nautilus ファイル・マネージャに SELinux の管理機能やトラブル・シューティングを追加
  • 新しい CoolKey? システムを使用することでスマート・カードによるセキュリティ認証(互換)機能を搭載
  • 直感的に分割されたボリューム*2管理のための新ツール lvm2-cluster の搭載

システム管理者レベルでの変更点

  • Fedora Core 6 がベースとなっている Linux カーネルバージョンは 2.6.18。このカーネルで SMP*3 対応のものを選択した場合、カーネル側で適切なアーキテクチャを自動選択する機能が追加。シングル・カーネル*4であっても自動的にプロセッサ*5の検出して、性能を発揮できるように自動調整
  • より広範囲な高解像度をサポートする X.org 7.1 の採用。Windows のように画面の様子を調整しながら解像度やリフレッシュ・レートの変更が可能。
  • Mac 上でも Intel 社のプロセッサを搭載していれば、Fedora Core 6 は動作可能
  • 入力メソッド*6 に SCIM を採用し、i18n 多言語をサポート。追加言語としてスリランカの Sinhalase 語、インド南東部の Oriya 語、Kannada 語、Malayalam 語 のサポート。im-chooser を使って簡単に入力インターフェースの変更が可能
  • GNOME 1.x は Fedora レガシー*7から除外され、Fedora Extras へ移管

そのほか


情報源 - FC6Release Sumary
http://fedoraproject.org/wiki/FC6ReleaseSummary

*1 倉庫、ファイル置き場、一般的に Fedora でレポジトリ行きというのは Fedora Extras への移管が多いようだ
*2 厳密には違いますが、パーティションと考えても差し支えはありません
*3 マルチプロセッサ
*4 通常のプロセッサ向けのカーネル
*5 一般的な CPU の事
*6 Windows でいう所の MS-IME や ATOK
*7 標準サポートされるパッケージ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 25 Nov 2006 22:38:22 JST (5542d)